マンションの経営のコツ | 駐車場経営で丸儲け|将来の不安が吹っ飛ぶ

駐車場経営で丸儲け|将来の不安が吹っ飛ぶ

赤い車

マンションの経営のコツ

上手なマンションの経営

模型の家

マンション経営は安定した収入をコンスタントに得たいと考える人に適した資産運用手段です。賃貸マンションは1年ないし2年契約というケースが多く、また契約更新を行う入居者も少なくないことから、一度空室が埋まれば比較的長い間安定的な家賃収入を得る事が出来ます。マンション経営を行う上での大きなリスクは入居者が見つからず家賃収入が得られないという空室リスクですが、これも住宅戸数が多いマンションを経営する事によってリスクを軽減する事が出来ます。戸数が多いマンションを保有するためには相応の資金を投じる必要はありますが、これも不動産担保ローン等を上手に活用すれば、少ない自己資金でこうした不動産を購入する事は可能です。

経営を行う上での注意点

マンション経営を行う上で注意すべき点として、まず第一にテナントの契約満了時期の集中リスクです。複数のテナントの契約満了時期が同じ時期に重なってしまうと、新たな入居者を探すまでの間家賃収入が大幅に低下してしまい、資金繰りが苦しくなるリスクがあります。新たな入居者の誘致にも宣伝費や仲介手数料等、相応の資金が必要になるので、家賃収入が大幅に低下したタイミングだとこうした費用が賄えなくなる可能性があるのです。第二のポイントとしては、マンションの風評リスクです。入居者との間でトラブルが起こったり、経営者が社会的問題を起こすとそのマンションの評判が著しく悪化し、安定したマンション経営が困難になる可能性があります。