家賃保証会社のメリット | 駐車場経営で丸儲け|将来の不安が吹っ飛ぶ

駐車場経営で丸儲け|将来の不安が吹っ飛ぶ

赤い車

家賃保証会社のメリット

家賃の連帯保証

車と家とお金

日本においては不動産は高価なものですので、賃貸住宅に対する需要が非常に高いものがあります。賃貸住宅を借りる場合、当該物件の賃貸について、賃貸借契約を締結します。その場合、家賃が支払われない場合に備えて連帯保証人を立てることが求められます。連帯保証人は、借主が家賃を滞納した場合は代わって家賃を支払わなければなりませんが、近年は連帯保証人を見つけることが難しくなっています。社会全体の高齢化により、年金受給者であって給与所得者でないため連帯保証人になることができない状況が増えています。そこで、賃貸保証会社が登場しました。賃貸保証会社が家賃を保証する代わりに、賃貸保証会社にも保険料を支払うことになります。

家賃保証会社の利点

借主の側からすると、賃貸住宅を借りるに当たって、連帯保証人が用意できない場合はとても助かります。しかし、賃貸保証会社に保険料を支払わなければありませんので、初期費用が高くなるという負担も発生します。しかし、貸し主である大家の立場からすれば、家賃の未回収の心配をしなくていいことになります。賃貸保証会社を利用すると、借主が家賃を滞納した場合でも、保証会社が家賃を立て替えて支払いますので、大家には、毎月、確実に家賃が振り込まれることが保証されます。大家からすれば、家賃の回収不能リスクがゼロになるというメリットが生じます。このため、連帯保証人制度を止めて、賃貸保証会社に切り替えるケースが増えています。